Запретная Зона

ねたのやり取り用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

通報すますた

毎日本誌の1面トップより
いよいよ、本格的なネット監視体制の構築に着手するようだね。

ネット規制:有害情報を法律で 青少年の保護で総務省方針
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070726k0000m040150000c.html

 総務省は、インターネット上のポルノ画像や残虐映像など青少年に有害な情報を法律で初めて規制する方針を決めた。ネット時代に対応して制定する「情報通信法(仮称)」の中で、ブログや掲示板の情報発信に「青少年の保護」「人間の尊厳の尊重」を求めることを明記する。罰則は設けないものの、プロバイダー(ネット接続業者)、検索エンジンなどの業界は自主規制のルール作りを迫られる。

 対象となるのは、ポルノや残虐映像のほか、自殺サイト、爆弾の作り方など青少年に深刻な悪影響を与える有害情報。刑法などで取り締まれず、野放し状態になっている。東京都内の元小学校教諭(34)が交通事故死した子どもの写真を自分のホームページに無断掲載していた事件のように、事件・事故の被害者を侮辱するような内容も規制の対象とし、業者が迅速に削除するよう促す。

 総務省はネットでの「表現の自由」にも配慮し、同法そのものには罰則は付けないが、自治体がこの法律を根拠に条例で罰則を設けることは容認する。同省の研究会「通信・放送の総合的な法体系に関する研究会」(座長・堀部政男一橋大学名誉教授)が年末にまとめる最終報告でこの方針を打ち出し、同省は年明けから具体的な法案作りに着手する。

 同省は当面の青少年保護策として業界と協力し、利用者がサイトに有害情報が含まれるかどうかを事前に判別できるシステムの開発にも乗り出す。また、PG12(12歳未満の観賞には成人保護者の同伴が必要)やR15(15歳以下の観賞禁止)など年齢制限を設けている映画の制度にならい、ネットでも同様の仕組みを作ることを検討している。

 民間の「インターネット・ホットラインセンター」(東京都港区)が昨年6月の開設から1年間で受けた通報約6万件のうち、殺人予告、脅迫、児童ポルノ画像の提供など法律で取り締まれる情報は15%程度にとどまっており、大半が法的な規制がない有害情報だった。ドイツなど欧州では、有害情報の発信に対して放送並みの罰則付きの厳しい規制を導入している。
ホットラインセンターに寄せられる情報の大半が「不快情報」に過ぎず、本当に有害なものは十数パーセントだとも言われていたが、このデータはそれを裏付けていると思う。
個人的な経験ではあるものの、最近ではオークションで「不愉快な出品者」に対して、片っ端から「違法出品通報」しまくったり、税務署へ通報するなどして「つぶす」行為も見受けられる。不快な相手を、公権力やそれに順ずる力で排除することに、なんら抵抗感を持たない人々が少なくないことを考えると、このようなレーティングに乗じた魔女狩りが横行したとしても、なんら不思議ではないだろう。
少人数でも組織的なつながりを持つ通報者たちが、特定プロバイダへ集中攻撃を加えた場合、破滅的な結果がもたらされる可能性すらある。
既にアダルトカテゴリはレーティングの対象となっているが、規制側のメインターゲットはむしろアダルトカテゴリであり、今後の成り行きにはどれだけ警戒しても、警戒しすぎるということは無いだろう。
スポンサーサイト

テーマ:無修正動画 - ジャンル:アダルト

  1. 2007/07/26(木) 16:16:28|
  2. Зона
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嫌おすすめ | ホーム | 想像力は脂肪と糖分から生まれる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://news410.blog104.fc2.com/tb.php/21-b8944667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Зона

Author:Зона
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。