Запретная Зона

ねたのやり取り用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nikkor UD Auto 20mm F3.5

超広角ズームでさえ、高級モデルではF2.8固定のものが当たり前となっている現在、スペック的にはどうということのないレンズであろう。むしろ、見劣りするような存在でしかないのだが、描写性能に関しては極めて高い評価を誇っており、特に「ゆがみが少ない」点についてはレンジファインダ機用の対照型レンズにすら匹敵すると評されている。
実際、ニッコール千夜一夜物語の第二十夜で絶賛されているNewNikkor20mmF4を上回るシャープさで、開放から緻密な描写を誇る。暗いレンズの割りにピン山もつかみやすく、そもそも屋外撮影ではほとんどヘリコイドを回さずに済むため、まったく気楽に撮影できるのもよい。また、最短撮影距離も0.3mと短いため、レンジファインダ機に対して、接写能力で圧倒的な優位を誇っているのも特長だ。

欠点はとにかく重くかさばることで、最近の高級超広角ズームに匹敵する。そのうえ、デジタルとの相性がよろしくないという説もあり(オートニッコールは軒並み悪いという話もあるが)、やはり銀塩ニコンでしか使えないレンズなのだろう。
ちなみに、カラーには向かないとの意見もあるが、個人的にはポジで非常に良好な結果を得ており、レンズの個体差によるものではないかと考えている。コントラストが高すぎるため、見かけ上の周辺光量低下が激しい点を嫌っているかもしれないが、その場合は例え当時の新品で撮影したとしても、同様に不満足な結果しかえられなかったのは間違いない。
超広角レンズは、構成枚数が多い上に個々のエレメントも複雑な形状をしていることが多いため、整備状況によっては急速に画質が悪化することもある。そのためか、超広角の中古は玄人向けとする人さえいるのだが、その辺は痛い思いをして覚えるしかないだろう。

いずれにせよ、その大きさと重さを許容できるのであれば、現在でも十分に通用する能力を持ったレンズであり、描写力のみで比較するのであれば現行品のAiAF Nikkor20mmF2.8Dすら超えている。だが、問題はその大きさと重さであり、その点を考慮するとやはり好事家向けのマニア機材といわざるを得ないだろう。
スポンサーサイト

テーマ:ニコンphoto - ジャンル:写真

  1. 2007/09/25(火) 19:48:54|
  2. カメヲタ話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<疎外と帰属? | ホーム | NIKKOR-H Auto 2.8cm F3.5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://news410.blog104.fc2.com/tb.php/28-308e25c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Зона

Author:Зона
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。