Запретная Зона

ねたのやり取り用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本ユニセフ協会の「なくそう!子どもポルノ」には未成年へポルノを閲覧させる連中が参加している

日本ユニセフ協会は、2008年3月11日から「なくそう!子どもポルノ」キャンペーンを開始したが、そのキャンペーンに協賛しているECPAT/ストップ子ども買春の会では、公開イベントにおいて「18才未満の未成年も含む」ユースαメンバーが「独自に収集したポルノ」を資料として使い、会の中心者である宮本潤子氏などが「子供達の行為を誉め称えた」という、非常に問題のある活動でも知られている。

具体的に確認された事例としては、去る2003年3月29日にユースα主催で開催された「なぜ起こるのか? 子ども買春・子どもポルノ」という集会において、ユースメンバーのAさんが収集したとされる「インターネットで出回っている擬似ポルノ」を公開したが、主催者によると当時のAさんは「今度、高校2年生になる方」とのことであった。さらに、中心者である宮本潤子氏はそのような行為をとがめるどころか、先述のように高く評価したばかりか、集会の参加者(18歳未満も含む)に見ることを勧めていた。

上記事例は東京弁護士会に所属し、リンク総合法律事務所に在籍する山口貴士弁護士が、自ら集会参加者から確認したものであり、極めて信憑性が高い事例である。また、その他にも、ポルノ規制を主張する団体の内部や集会などで、未成年の参加者にポルノを閲覧させていたとされる未確認情報があり、これら団体の遵法意識は極めて低いと言わざるを得ない。

ごく最近でも、日本ユニセフ協会の速水研理事がNHKニュース番組の特集コーナーにおいて「水着DVDやゲームを実際に手にしながら議論するべき」という趣旨のコメントをした際、購入した合法ポルノ作品をあたかも非合法ポルノが地下流通しているかのごとく見せつけていたが、メディアにおける印象操作という点もさることながら、彼らが「資料と称して日常的にポルノ作品を購入している実態」の一端が垣間見えたという点でも興味深い。

ちなみに、もしも番組に登場した作品が本当に非合法ポルノであるなら、購入などせずにさっさと当局へ通報すべきだし、合法ポルノであると知りつつ非合法ポルノであるかのように「演出」したのであれば、番組を放送したNHKも含めて報道の客観性について大きな問題のある行為と言わざるを得ない。

ともあれ、様々な情報を総合すると、ポルノ規制を主張する団体は資料と称して日常的にポルノ作品を購入し、かつポルノ作品を未成年に閲覧させているのが実態であろうと推測できる。
スポンサーサイト

テーマ:Зона - ジャンル:アダルト

  1. 2008/03/15(土) 08:57:29|
  2. Зона
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<インターネット・ホットラインセンターの二枚舌 | ホーム | 痴漢えん罪の恐怖>>

コメント

宮本潤子氏の問題発言

BPO議事録にてECPAT/ストップ子ども買春の会の宮本潤子氏

>女児の性器を写さないということは社会常識になっているが、最近では男児の性器を写すことについても、
一生懸命に女児>男児捏造発言。しかも、'ついても'これは明らかにおかしい、同じ子供なのに男女差別すんのか。

>今までも委員会で議論し、専門家の話も聞いたが、なかなか男児ポルノの現状とテレビでの裸とが結びつかない。
現実には児童ポルノは男女同水準で存在してると言えるし、男児ポルノをネット掲載した教職員は逮捕された。
専門家がどう女児ポルノの現状とテレビの裸を結びつけたかた聞く必要があるな。また同じくどう男児ポルノの現状とテレビの裸を結びつけなかったのかについても。

>男児といえども
男性の羞恥心を二級市民扱いした問題発言。
アニメエビチュやクレヨンしんちゃんはエッチなネタと作者が自称しているからいいとでも宮本氏は言うのだろうか。
誠に不可思議である。
  1. 2008/03/18(火) 23:50:27 |
  2. URL |
  3. 中部 #Nh7TqP6U
  4. [ 編集]

ポルノ撲滅のために、未成年に成人指定を閲覧させただけでなく、その行為を当然視するのはカルト教団だと言わざるをえません。もう一つ重大なのは、彼らが後継世代を育成している事実ですよね。
  1. 2008/05/03(土) 23:18:58 |
  2. URL |
  3. 555 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://news410.blog104.fc2.com/tb.php/45-56d38ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Зона

Author:Зона
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。