Запретная Зона

ねたのやり取り用

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

婚前セックル禁止じゃゴルァ

矯風会は1970年にこんな声明書をだしていました。


性と結婚のモラルについての声明書

 私どもプロテスタント・キリスト教の諸団体有志は、現代日本における性と結婚のモラルについて、近年余りに自由化し、混乱・無軌道ともいえる風潮に対して憂慮いたしますので、ここに特に「婚前性交のモラル」について、教会内外に向かって声明を発表し、世の識者に訴えたいと思います。

 結婚前の交わりについて、近頃次のような声が聞かれます。
 一、性欲は人間の本能なのだから、結婚前といえどもこれを押えることはできない。人間は本能のままに振舞ったらよい(性欲本能論)。
 二、恋愛感情もまた人間本来の自然感情であるから、愛していれば、その愛の証として、肉体の交わりをするのは当然である(恋愛自然主義)。
 三、結婚後における性的調和のテストとして、結婚前に性的適合を確かめ合ったほうが良い(試験的練習説)。
 四、結婚について親や世間の反対を封ずるために、同棲し、性的交わりを行って既成事実を作って対抗しようという考え(既成事実説)。
 五、結婚式など挙げる必要はない。実質的な結婚生活(同棲生活)に入ればよい(結婚式否定論)。
 六、婚前性交のモラルのモラルを含めて、一切の既成モラルを破壊せよ(反体制のモラル)。この中には従来処女の純潔を不当に高く評価していた既成観念を破壊しようとする主張も含まれる。
 以上の如き声や主張は週刊誌、テレビ、映画、小説その他あらゆるマスコミに陰に陽に掲げられている現状であります。こういった風潮は婚前性交のみならず、やがて婚外性交・離婚・同性愛・性犯罪など不健全な性倫理を生み、健全な家庭生活を破壊し、社会秩序を乱す結果を招来いたします。私どもはこのような風潮を深く憂え、特に婚前性交のモラルについて次の如き見解を発表し、現代日本の社会風俗の健全化を願うものであります。

 私どもの主張「婚前性交について」
 一、性の交わりは自然の行為であって、それ自体は汚れたものではない。ただしそれは、神と公の証人たちによって承認され祝福された結婚式の後に行うべきものである。なぜなら、(1)性的交わりは単に性欲の満足に止まらず、精神や愛情を含んだ全人格・全生活の一致の表現として行われるべきであり、(2)次の世代を生むべき厳粛な生産の責任においてなされるべきものであるからである。従って、結婚生活におけるごとき夫婦の全人格的一致が達成せられず、それ故に、出産の責任を負いえない状態においては、心身の一致を誘う性的交わりをなすべきではない。
 二、前述のことから、当然売春行為も否定される。又未婚男女の避妊器具薬品の使用にも反対する。避妊は既婚夫婦が正しい家族計画の下においてのみ許される行為である。又無責任な妊娠中絶の横行にも強い警告を発する。尊い人間生命を抹殺することは重大な罪である。
 三、(性欲本能論・恋愛自由主義に対して)人間は動物ではない。本能や感情は時と処を配慮して充足させるよう理性の支配を受けねばならない。結構前に性欲や感情を統御しようと努める人は、結婚後においても諸々の誘惑に打ち勝つことのできる強い人となるが、反対に性欲や感情を時勢する努力をしない人は、結婚後においても誘惑や困難に負けやすく、婚外性交(不貞・姦淫)や離婚を誘発しやすい。
 四、(試験的練習説に対して)試験又は練習説に対しては、結婚後、即ち新婚当時からそのことを始めても決して遅くはない。むしろ始めての者同士が共同して努力するところに夫婦生活の妙味があり、愛情の高まりがある。万一性的不適合が発見されたら、速やかに専門家の指導を受けることをすすめる。性的不適合は肉体的原因より、精神的・環境的原因が遥かに強いのでこれは夫婦の努力によって克服できるものである。
 五、(既成事実説に対して)性交という既成事実を作って親の承諾を求めるという方法は拙劣な方法である。性交は対抗の手段となすには余りに厳粛な行為であり、もしも無理解な親に結婚を承諾してもらいたいならば、第三者の斡旋とか本人達の誠心誠意の説得とか、他の方法をとるべきである。
 六、(結婚式否定論に対して)結婚式は要らないという考えについては、従来の虚礼や形式的な結婚式を廃する点については賛成するが、たとい簡素であっても、世間や友人の承認と祝福をうる式を挙げることをすすめたい、なぜなら結婚は単に二人だけの個人的な事柄に止まらず、広く社会的関連をもつ公共的性格を持つものだからである。
 七、(反体制のモラルについて)既成の体制を破壊するために、婚前性交のモラルを否定しようとする主張に対しては、私どもは一夫一婦制による性と結婚と家族生活はどんな体制のもとにおいても変わることのない人間生活の基本であると信ずるゆえに、軽々しくこれを破壊すべきでないと考える。たとえば一九二〇~三〇年代、ソ連において共産主義革命以後、コロンタインズムなどが同じような主張のもとに、革命前の体制を覆そうとして、性交はコップに一杯の水をのむようなものだといって、婚前性交の自由化を目論んだが、その後その誤りが指摘されて、再び健全な性と結婚のモラルが再建されたという歴史的事実を参照されることを望む。

  「結び」
私どもは婚前性交のモラルを正すことによって、現代日本の乱れた性風俗も正したいと思っています、併せて世上余りに露出的・挑発的な性風俗のはんらんに対して、マスコミ関係者の自粛を促したいと思います。
  昭和四五年一月二〇日

     日本キリスト教協議会家庭生活委員会
          東京都中央区銀座四-五-一
               委員長 岩村信二

     日本基督教婦人矯風会
          東京都新宿区百人町三-三六〇
                会頭 久布白落実

     ミッドナイト・ミッション
      のぞみ会
          千葉県富津町川名一四三六
                代表者 ドラ・ムンデインガー   


     救世軍日本々営
          東京都千代田区神田神保町二-一七
                司令官 少将 ドナルド・A・スミス    
スポンサーサイト
  1. 2009/04/08(水) 10:06:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高市早苗と警察庁は有害です | ホーム | 矯風会による純潔教育要望書>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://news410.blog104.fc2.com/tb.php/56-2e4d6c3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Зона

Author:Зона
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。